toggle
Dec 25, 2015

唐津古民家改修事例

 

古民家改修  
唐津市 [2015.10]

唐津市の中心部にありながら木々に囲まれ、茶室や坪庭もある古民家の改修工事を行いました。
表札の裏に大正2年と記されていたので築102年の家と判明。長らく空き家で更地にして売るという話があったそうですが、お施主様の古民家好きセンサにかかり「ちょっと見せてほしい」とアクションを起こされたことがきっかけとなり残った家。

はじめて訪れた時、このあたりにこんな素敵な建物があったんだ!と興奮気味に家中隅々まで見せていただいたことを覚えています。解体されず残ることになって本当に良かったです。

今回の改修工事は新しくした部分もありましたが、補修や不要部分を取り除く等なるべく現状のまま使えるものは使うというご要望でしたので、傷んだ部分を治していく工事がメインになりました。

傷んだ構造部分や配管、ボロボロの繊維壁のみを塗替え、ひどく傷んだ縁側床は無垢材だったので削ることができ塗装するととてもきれいに、それから茶室のアルミサッシを木製の雨戸へ、畳表替え、襖や障子貼替え、庭木の剪定などなど。
ガラリと大きな変化はないのですが治す部分・手をいれる部分は多く、職人の腕の見せどころの多い現場となり、丁寧に手をいれ変化していく様子をお施主様も楽しみにされていたようです。

お施主様の唐津に残る古い家をなくしたくないという思いに応えるべく工事を進め、長年大事に住まい継がれてきたかのような佇まいに生まれ変わった様子にわたしもとてもうれしく、なによりお施主様もよろこばれ無事にお引き渡しすることができました。

 


関連記事

  • May 31, 2018
    継手の場所。

    外壁張りがようやく終わりを迎えます。 基本の長さは4m。 場所によっては4mでは足りなく縦に2枚継がなくてはい...

  • DSC_0029
    Apr 25, 2018
    木の外壁。

    【新築 有田の家】 こちらは外壁材。 今回は鳥取県の方から取り寄せました。 外壁に木材を使う魅力とは?? 雨・...

  • IMG_7309
    Apr 5, 2018
    新築 有田のいえ

    まだまだ構造段階ですが、すでに心地よい空間が広がっていました。完成が楽しみです。 設計: kitorepe キ...

最新記事