toggle
"DIARY"  produced by Narimura "DIARY"  produced by Narimura "DIARY"  produced by Narimura

DIARYは、成村建設株式会社の新ブランドです。
大工の手刻みを軸として、住みながらつくり育んでいく「住まいの手帖」を
共に作っていけたらと思います。
暮らし1つ1つが唐津の風景となっていきます。
DIARYは街並を考える基地としてオープンしていますので、
住むこと暮すことについてゆっくり語りに来て下さい。

Sep 18, 2017

日常の光景。

DSC_0003

 今年、入社した大工1年生の藤竹。もちろん学ぶべき事はたくさんある。
今回は大工19年目の宮原棟梁が墨付けから刻みまでの一連の動作を指導している。
なんと宮原棟梁が大工になろうと入社した時に藤竹が産まれたのだと知り驚いた。
実に不思議な一枚。

 また僕からすると日常の一コマだが、この光景こそがお客さまの家づくりを長年、
支えてこれた理由なのだと感じさせられた。

かんとく yamaguchi

Sep 4, 2017

ゴミ問題

IMG_4221


知り合いが使ってと持ってきてくれた子供椅子は、ゴミにしか見えず。
解体してもゴミにしか見えない椅子に、時間を見つけてポジティブに奮闘してくれている古川大工。(ありがたい)

Aug 30, 2017

モバイルハウス計画in上通り

IMG_4091

ビルが立ち並ぶ商店街にスカッと青空が入る空間。
そこに坂口恭平氏のモバイルハウス。

ミシェル・ゴンドリー映画グッバイサマーのパンフレットでも
「自分で作れ」と寄稿されていた。
モバイルハウスつくり・・たい・・

Aug 28, 2017

ぶどう狩り

IMG_4090

友人宅で、庭になっているぶどうをささっと冷水で冷やし食後に出してくれたのだけど、
種を持ち帰って植えたら発芽するかしらと真剣に悩むほどおいしくてびっくり。

Aug 17, 2017

洋館がすき

IMG_3965

好きな作家さんの展示があっていることもあり、
ずっと気になっていた、大川市立清力美術館へ。
109年前、清力酒造株式会社の事務所として建てられた木造2階建ての洋館で、現在は美術館として開館。
洋館の装飾を見ていると、当時の職人さんたちなど現場の様子も気になってきます。

コバルトグリーンを基調とした洋館内装と塩月さんの作品の雰囲気がすごく合っていてほんとに素敵な展示でした。
大川市ですが、意外と佐賀市からは近いのでぜひ!

 

☒大川市立清力美術館企画展  8月20日(日曜日)まで
「時の考察展」  塩月悠+御用絵師絵画資料

 

Aug 4, 2017

産業と住宅

IMG_3782

唐津市北波多にあるギャラリー草伝社へ。

築120年の古民家はギャラリーになる前、手を入れられ新しくなった部分を
現オーナーの手により、 時計の針を逆回転させたかのように元々の姿を取り戻し、
訪れた人に、 昔の家づくりや暮らしのことを教えてくれます。

今回も、今まで普通の砂壁だと思っていた壁が
鯨油で固められたものと知りびっくり!

 

Aug 1, 2017

神 棚

IMG_3816

ありがたいことに現場はフル稼働
テトリスのような工程表を

バシバシッと仕上げ次の現場へ

昨日は、大規模なリフォーム工事がようやく竣工
最後に宮原大工作の神棚を取付へ。

 やっぱり今年も暑く、汗に覆われた真っ赤な顔をまともにみれません。
ゆるりとしたことをつぶやいているのは私だけです。

 

1 2 3 4 5 20