toggle
Apr 24, 2017

あるアトリエの100年/CIEMA

IMG_2101洋画家・岡田三郎助氏が、明治末期に東京に建てたアトリエを、出身地の佐賀に移築されることを新聞で知りました。

そのアトリエから発見されたフィルムをもとにつくられたドキュメンタリー映画が佐賀市のシエマで上映されています。
アトリエとして建てられて、日本を代表する芸術家たちが集い、今でもアトリエとして残っているなんて!
移築保存がうまく進み、アトリエの空気を感じることができる日が待ち遠しいです。

そしてシエマでは、戦後数々のニュータウンを設計した建築家 津端さんご夫婦のドキュメンタリー「人生フルーツ」がGWアンコール上映されるそう! 津端さんが設計草案をつくられた伊万里の施設模型や、資料など合わせて楽しめるコーナーがありました。これは、もう一度見に行かなければ!

Apr 23, 2017

土漆喰

IMG_2080

弊社現場ではないのですが、自分たちで店づくりをしている知人が
内装を土漆喰仕上げにするとのことで、仕上げをする際参加させていただきました。

今まで漆喰仕上げや藁を混ぜた仕上げはあるのですが、土漆喰は初めて。
左官さんから、材料の練り方、塗り方、養生の仕方などレクチャーをうけ、
実際に壁を塗らせていただきましたが、とても塗りやすかったです。
無垢杉板と接する部分は、漆喰が木を黒く変色させてしまうので、カボスの汁を塗るといいそう。
知らなかったな~!

敷地内の土と藁としっくいを混ぜた土漆喰。写真は敷地内の土。
その土地の土を家の中でも感じることで、より愛着がわきます。

てっきり土の色になるのかと思いきや、乾くとレモン色のような仕上がりになるそうで、とても楽しみ。

材料の藁の確保のため、除草剤も使わず無農薬で左官さんが米を作られているそう。
左官の腕はもちろん、材料へのこだわり、そして提案力まである職人さんの
知識と経験からの話は刺激的で、 いろいろな話が聞けて勉強になりました。
この楽しい余韻をなにかで発散しなくては!

 

Apr 1, 2017

新年度

IMG_1847

急に知人が近くまで来たからと寄ってくれて、珈琲を入れている間DIYしているお店の話でわくわくさせておいて、
珈琲を飲むと風のように去って行ってしまった。

そして今日は新入社員の入社日で、皆の士気が上がるのを感じ、なんだかキラキラな新年度のスタートとなりました。

Mar 1, 2017

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN

IMG_1377

デンマークデザイン展がとてもおもしろく、
行って良かったなという思いから、やっぱり一度行ってみるかと
ヤコブセンの専門ショップ[HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN]へ。

古い平屋をリノベーションされた店舗は緑に囲まれ、街に馴染んでいて、
室内はヤコブセンでコーディネートされたリビングやキッチンがあり、
天窓からの光が心地よく、もうこのまま暮らしたいと思う空間。

もちろんショップなので、たくさんの商品を手にとって見て購入でき、

”このソファを買うために今まで買わずに我慢してたんだな”
”AJテーブルランプならはかどるよな”
”水栓が VOLAだったら喜んで洗い物するし、毎日ピカピカにみがく”

と、まんまと手に入れたい衝動にかられてしまいます。
残念ながら、私には衝動買い出来るものではないですが。
行くことができて良かったです。

 

 

[HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN] 大阪府池田市城南3-6-16

Feb 13, 2017

Mr.PoTatoHead

IMG_1158

4月から小学生になり、はじめて自分の部屋ができる男の子の部屋づくりのお手伝いを。

自分が好きなものがはっきりしていて、これはうかうかできない!

一番好きなアニメはトイストーリー(まだ生まれてなかったはず!)
だったら!とみせるとすごく気に入ってくれた生地でカーテンを。
調子に乗って、残った生地で枕カバーもつくろうかというと断られてしまったけれど・・・

朝目覚めた時、夜寝る前、少しでもたのしい気分になれるといいな。

Feb 8, 2017

サササッ

IMG_1095

以前、尊敬する花屋オーナーが来てくださった時に会社の敷地内から
この花が好きなんだ とサササッと摘んで素敵に生けてくれたことが。

世話もせず毎年片隅に勝手に咲く花と勝手に繁っている草で
全く気にも留めていなかった存在。
この時のガツンという衝撃は今も。

100円だったラナンキュラスは1カ月たってもまだきれい。
一輪あるだけで全然違うな。

Jan 27, 2017

部屋とシティボーイ

FullSizeRender

今、世界は一気に個性を失ってしまった。
でもどんなに情報交換ができても、
和室に住めるのはこの国に住んでいる人だけ。
(POPEYEより引用)

LAのシティボーイ部屋に惹かれ購入したのだけれど
本当にそうだよなぁ。

Dec 29, 2016

暮らしのドキュメンタリー

j

 

暮らしのインタビューをさせていただくくらい、
暮らしのみえるドキュメンタリーが好きで。

先日、ドキュメンタリーコーナーを物色していていたら、
「あなた、その川を渡らないで」のDVDを見つけてレンタル。
(ラジオ好きの方はピンとこられたかも)

韓国の小さな村でくらす98歳の夫と89歳の妻の日常に密着したドキュメンタリー。
「この世界の片隅に」を見たばかりからか、立て続けてわたしのすさんだ心に沁みて沁みて。  
年末年始はゆっくりとDVD鑑賞でもという方におすすめの1本です。

そしてそして
「人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり」
は90歳の建築家、津端修一さんと、87歳の英子さん夫婦の暮らしのドキュメンタリー。

5 年前の著書「あしたも、こはるびより。」は、失礼ながら年齢からはとても信じられない暮らしぶりで驚きました。
東海テレビのドキュメンタリーが劇場版として来年公開されます。とても楽しみ。
KBCシネマは2月予定のようです。気になられる方はぜひ。

今年も残すところあとわずか。
弊社は、今日が仕事納めとなります。

来年1月6日より通常営業となります。

よいお年をお迎えください。

1 2 3 4 5 6