toggle
Apr 20, 2014

Studio DIARY

Studio DIARY

いままでオープンな窓口がなかったので、もともと倉庫だった場所に、打合せスペースも兼ねて新しくStudioをつくることにしました。テーマは「大工の掘立に自分で手を入れていく」。掘立小屋はあまりいい意味で使われませんが、私は職人の腕と経験と知恵を生かすといういい意味で解釈しています。
夢がふくらむきらびやかなショウルームとは違い、手が空いた時に、ある材でコツコツつくっている小さいスペースですが、私たちが伝えたい手仕事がみえるStudioにしたいと思います。

text_Miho Narimura


関連記事

  • ウッドチップ
    Feb 19, 2015
    ウッドチップ

    駐車場にもなるStudio前のスペースに国産ウッドチップを敷きました。 もともとはバラス(砕石)が敷かれていて...

  • P1261014
    Jan 26, 2015
    やっと!

    ようやく看板がつきました。 あ!迷っていたドアも新しくなりました。 text_Miho Narimura...

  • DIARY12
    Nov 21, 2014
    Studio DIARY OPEN

    成村建設事務所横にDIARYのスタジオが12月10日(水)よりオープン致します。 いままでオープンな窓口がなか...

最新記事

  • Jun 19, 2019
    私的唐津案内写真展

      唐津での暮らしや街並みを語らえる場でありたいDIARYスタジオにて「私的唐津案内写真展」を開催。...

  • Jun 17, 2019
    鏝磨き仕上

    一見すると楽しそうだなと思ってしまう鏝さばきですが、時間との闘いでもあり、厚みや納まりなど全体的に細かい計算と...

  • Jun 10, 2019
    豆板醤

    去年夏号の暮しの手帖で豆板醤の原料がそら豆と知り、その頃にはすでに時期が終わっていたので来年こそはと今年収穫し...