toggle
"DIARY"  produced by Narimura "DIARY"  produced by Narimura "DIARY"  produced by Narimura

DIARYは、成村建設株式会社の新ブランドです。
大工の手刻みを軸として、住みながらつくり育んでいく「住まいの手帖」を
共に作っていけたらと思います。
暮らし1つ1つが唐津の風景となっていきます。
DIARYは街並を考える基地としてオープンしていますので、
住むこと暮すことについてゆっくり語りに来て下さい。

Mar 1, 2017

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN

IMG_1377

デンマークデザイン展がとてもおもしろく、
行って良かったなという思いから、やっぱり一度行ってみるかと
ヤコブセンの専門ショップ[HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN]へ。

古い平屋をリノベーションされた店舗は緑に囲まれ、街に馴染んでいて、
室内はヤコブセンでコーディネートされたリビングやキッチンがあり、
天窓からの光が心地よく、もうこのまま暮らしたいと思う空間。

もちろんショップなので、たくさんの商品を手にとって見て購入でき、

”このソファを買うために今まで買わずに我慢してたんだな”
”AJテーブルランプならはかどるよな”
”水栓が VOLAだったら喜んで洗い物するし、毎日ピカピカにみがく”

と、まんまと手に入れたい衝動にかられてしまいます。
残念ながら、私には衝動買い出来るものではないですが。
行くことができて良かったです。

 

 

[HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN] 大阪府池田市城南3-6-16

Feb 24, 2017

キリリ

IMG_1347

来月の引き渡しに向け、糸島のいえは職人もかんとくも一層キリリと。
それを横目に私は久しぶりに現場へ。
とってもカッコよく仕上がっていて、
天井仕上げ大変だっただろうな…左官仕上げ楽しみだな…あのキッチンがここに…
あのサッシがついたら…養生とれたら…などなどうきうきが止まらず。
完成が楽しみです。

Feb 20, 2017

上棟吉日

IMG_1280

天気にめぐまれた町田のいえの棟上げ。
何度もみている私も毎回毎回、職人のすごさを間近で感じる日で
お施主様も同じようにかんじてくださるのがうれしいものです。

終盤ずっと見学されている方がいらっしゃったので声をかけると、
たまたま通りがかり、最近見掛けなくなった”まとい”があがっているのをみて、
子供の頃、よく大工のおじいさんにつれられ
棟上げに行っていた思い出がよみがえってと話してくださいました。
半世紀近く前、モノがない時代の上棟はお祭りのようでとても楽しかった思い出だったそう。

年末上棟した糸島のいえでも餅まきをされましたが、今回町田のいえも餅まきを。
お施主様だけでなく、来てくださった方の記憶に残る日となりました。

 

Feb 13, 2017

Mr.PoTatoHead

IMG_1158

4月から小学生になり、はじめて自分の部屋ができる男の子の部屋づくりのお手伝いを。

自分が好きなものがはっきりしていて、これはうかうかできない!

一番好きなアニメはトイストーリー(まだ生まれてなかったはず!)
だったら!とみせるとすごく気に入ってくれた生地でカーテンを。
調子に乗って、残った生地で枕カバーもつくろうかというと断られてしまったけれど・・・

朝目覚めた時、夜寝る前、少しでもたのしい気分になれるといいな。

Feb 8, 2017

サササッ

IMG_1095

以前、尊敬する花屋オーナーが来てくださった時に会社の敷地内から
この花が好きなんだ とサササッと摘んで素敵に生けてくれたことが。

世話もせず毎年片隅に勝手に咲く花と勝手に繁っている草で
全く気にも留めていなかった存在。
この時のガツンという衝撃は今も。

100円だったラナンキュラスは1カ月たってもまだきれい。
一輪あるだけで全然違うな。

Jan 27, 2017

部屋とシティボーイ

FullSizeRender

今、世界は一気に個性を失ってしまった。
でもどんなに情報交換ができても、
和室に住めるのはこの国に住んでいる人だけ。
(POPEYEより引用)

LAのシティボーイ部屋に惹かれ購入したのだけれど
本当にそうだよなぁ。

Jan 17, 2017

子供用ハンガー

IMG_0927

まとまった数の子供用ハンガーが必要に。
少量なら無印で揃えたいところ。
しかし量が量だけに、つくるしかないとハンズマンへ。

針金は10mで200円ちょっと、1,000円で40本いける! 

と、簡単に考えていたけれど
想像より針金は硬くて成形しづらく
きゅっとしたいけれどできず、まっすぐもいかずヨレヨレ。
理想のカタチに程遠い・・・

さて、あと38本どうしよう。

Jan 12, 2017

塗装の魔法

IMG_0892

荷物置きと化していた作業場のシャワー室を年末に大掃除。
カビていた壁の塗装を任せていたら、クリーミーマミー配色に!
(※昭和な魔法少女アニメ)

てっきり下塗りだと思っていたので、初見はちょとビックリしたけれど、懐かしくてうれしい!
在庫であった色がこの色でよかったな。
眠っていた1坪の空間がよみがえったな。
と一人満足していたけれど、同世代しか通じないな(泣)

Jan 6, 2017

えんとつ掃除

2

何事もギリギリまでやらない性格なボク。
さすがにもう掃除をしないと使うタイミングを逃すんじゃないのかってくらい引っ張りに引っ張って、昨年の暮れにようやく重い腰をあげ、薪ストーブのえんとつ掃除をおこなった。

~準備したモノ~
煙突用ブラシ・脚立・業務用掃除機・軍手等

業者の人に頼むと約30,000円程はかかる煙突掃除。
前回は初めての掃除ということもあり、業者の方にお願いした。
それとその様子を覚えることで今後、自分でもやれるようにと。
いざ掃除開始。あれっ!!?

Dec 29, 2016

暮らしのドキュメンタリー

j

 

暮らしのインタビューをさせていただくくらい、
暮らしのみえるドキュメンタリーが好きで。

先日、ドキュメンタリーコーナーを物色していていたら、
「あなた、その川を渡らないで」のDVDを見つけてレンタル。
(ラジオ好きの方はピンとこられたかも)

韓国の小さな村でくらす98歳の夫と89歳の妻の日常に密着したドキュメンタリー。
「この世界の片隅に」を見たばかりからか、立て続けてわたしのすさんだ心に沁みて沁みて。  
年末年始はゆっくりとDVD鑑賞でもという方におすすめの1本です。

そしてそして
「人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり」
は90歳の建築家、津端修一さんと、87歳の英子さん夫婦の暮らしのドキュメンタリー。

5 年前の著書「あしたも、こはるびより。」は、失礼ながら年齢からはとても信じられない暮らしぶりで驚きました。
東海テレビのドキュメンタリーが劇場版として来年公開されます。とても楽しみ。
KBCシネマは2月予定のようです。気になられる方はぜひ。

今年も残すところあとわずか。
弊社は、今日が仕事納めとなります。

来年1月6日より通常営業となります。

よいお年をお迎えください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 20