toggle
"DIARY"  produced by Narimura "DIARY"  produced by Narimura "DIARY"  produced by Narimura

DIARYは、成村建設株式会社の新ブランドです。
大工の手刻みを軸として、住みながらつくり育んでいく「住まいの手帖」を
共に作っていけたらと思います。
暮らし1つ1つが唐津の風景となっていきます。
DIARYは街並を考える基地としてオープンしていますので、
住むこと暮すことについてゆっくり語りに来て下さい。

Mar 31, 2018

四季の丘公園

IMG_7091

自前のソリはいるけれど、東平尾公園まで行かなくても草スキーができるなんて知らなかった!しかもローラースライダーも。春休みだからか学生のたまり場になってる感はいなめないけれど、ちょうど桜が満開で子供連れや花見の人がたくさん。

四季の丘公園 / 佐賀県唐津市北波多岸山589番地11
【遊具】あり【トイレ】あり【駐車場】あり(無料)

 

Mar 30, 2018

たすかる料理

IMG_7092

前著書の「冷蔵庫いらずのレシピ」もおもしろかったけれど、新書「たすかる料理」も。生活を邪魔しない臨機応変な自炊のすすめは目からウロコ。
「こうでなければ」と常識で縛られない考え方は料理だけではなく色々な面でも。おいしいや見た目がきれいかよりも血肉になれというのは現代薄れてきた食事の価値観かも。さっそく感化されて肉の塊をどさっと茹でてみる。たまごとシナモンの相性を確かめるべくタマゴサンド用の卵と

Mar 29, 2018

新 生 活

IMG_6995

木製の窓は寒いけれど気に入っているからそのままで、そしてこの渋くてかっこいい玄関の照明器具もまだまだ現役続行。
新生活に向けて、築70年弱の平屋改修工事がはじまりました。

Mar 24, 2018

目と手で感じる。

 

 

 

 

DSC_0007

有田の家で使用する木材を探しに行ってきました。
今回、木がそのまま仕上げとなってくる箇所がいくつかある。
まぁ木材屋さんにいいモノちょうだいよって、言うだけでいいのかもしれませんが、僕はちがう。
実際、自分の目と手で感じたい。
お客さんにとっては一生に一度の家なので、その作業は手を抜きたくないと思っている。
もちろん金額の面もあるが、金額同等の品では納得はいかない。
こちらが戦利品になる。

Mar 14, 2018

棟上げ。

 

DSC_0029

願いが通じたのか見事、晴天のもと棟上げが行えました。
私たちにとっても棟上げは一大イベント。
今回は化粧登り梁があるため、ある程度の目安と工程を棟梁と相談しておいた。
なんせ化粧もの(仕上げなしのそのまま状態)なので雨に濡らす訳にはいかない。
濡らそう事なら、シミやカビが生え使い物にはならない。
また厄介なのがこの梁を機械では加工できなく、大工の手で現場合わせで加工すると言うのだ。
大工たちの採寸、注文をうけた寸法でのカット、カットしたモノの荷運び。
現場ではミリ単位の数字が飛び交う。
完成がこれだ。

Mar 7, 2018

有田の家。

 

DSC_0003

基礎も完成し、今週末の棟上げに向け段取りしております。
今回の物件も化粧材が多くて雨だけはなんとしても避けたい。
あとは当日、晴れてくれるのを祈るばかり。
頼む晴れ男。

かんとく yamaguchi

Mar 6, 2018

試 作 品

持ち運びできるようバラバラにでき、一人で組立て可能、且つ可変性ある棚を浅見大工と作業場にある材料で試作中。
イベント出展用什器用ですが、家でもいろいろな使い方ができそうです。まだまだ課題が残っていますが…

IMG_6517 (002)

IMG_6502

IMG_6550 (002)

Mar 1, 2018

停 電

IMG_6292

今日未明突然、照明やテレビがプツリと消え真っ暗闇に。
雨風の影響で数回停電が続き、台風でもこんなに停電したことないと思いつつ、長時間の停電でもなく、災害に備え懐中電灯などは準備があり、家電等も問題ないようで気にならなかったけれど、ふと自宅のタンクレストイレの停電時や断水時の対処法を知らなかったので調べることに。

1 2 3 4 5 6 7 24