toggle
Aug 28, 2014

薪ストーブ見学

 

DSC_0035

リノベのコダワリの一つの薪ストーブの見学に行ってきました。そもそもなぜ薪ストーブが欲しくなったかと言うと、うちのお客さんや知り合いの人の家に行った時に直接肌で感じていいなぁと思ったのが始まりでした。木の燃える炎に癒されるし木の燃える匂いもたまらない。ストーブからの暖かい空気。ストーブ上では煮物の料理だってできる。完全に贅沢の範囲ですけどね。
 

でも良いことばかりではないんです。まず薪の調達が大変。市販されているのは割ってあるので入れるだけでいいんですが、ものすっごく高い。ボクの知っているみなさんは、自分で林業の人をみつけ自分の手で割っておられます。この林業の人を探すのが一苦労。なかなか林業をやっている人と巡り会うのは難しい。そして山から切ったばかりの木を何トンというトラックに積んで運んで来てもらいます。これだと安価な金額で買えます。しかしここからがまた大変。ストーブに入るサイズにカットしなくてはなりません。かなりの重労働です。シーズン前だと休みの日がほとんどなくなります。もちろん普段使わない筋肉を使うため筋肉痛にはなるし・・。ここまで覚悟のある人だとオススメしますよ。まぁボクにとっては薪割も楽しみの一つなんですけどね。ボクもようやく林業の方を探しました。今後、薪ストーブの会ってのを作ってみんなで薪割して割った薪はプレゼントしたり、薪ストーブの苦労話・楽しい話をしたいですね。まずは実際に肌で感じてみてください。完成見学会時にもありますので。
DSC_0031
店主のご好意で薪を燃やしてくれてました。やはり炎の燃える感じはいい。
DSC_0029
ストーブ屋さんでも薪の販売はされています。
 

関連記事

最新記事