toggle
May 31, 2018

継手の場所。

DSC_0002

外壁張りがようやく終わりを迎えます。
基本の長さは4m。
場所によっては4mでは足りなく縦に2枚継がなくてはいけない箇所も。

その継手には目地という板と板の重なった部分が出てきます。
その目地をいかに美しく見せるか。
さすが松田先生。きちんと指示がでました。
答えは現場にて。

あと今回、初めて使用する外壁板ですが、塗料をぬってどう化けるのか心配でしたが、
めっちゃいい色でてるじゃないですか。
ひと安心です。
引き続き頑張ります。

かんとく yamaguchi


関連記事

  • Apr 8, 2019
    キッチンパラダイス

    キッチンパラダイス(福岡市)オーナーブログをみて、フッ素加工のフライパンを重曹を使って復活させることに成功した...

  • Mar 28, 2019
    家財配達便

    運ぶ術がなく処分する予定だった12年ものの冷蔵庫をクロネコ家財配達便を利用して県外からDIARYスタジオへ。 ...

  • Mar 14, 2019
    ミモザの会

    すぐに満席になったため告知はしなかったのですが、日曜DIARYにて花ツルのえりさんによるミモザの会が開催されま...

最新記事