toggle
May 31, 2018

継手の場所。

DSC_0002

外壁張りがようやく終わりを迎えます。
基本の長さは4m。
場所によっては4mでは足りなく縦に2枚継がなくてはいけない箇所も。

その継手には目地という板と板の重なった部分が出てきます。
その目地をいかに美しく見せるか。
さすが松田先生。きちんと指示がでました。
答えは現場にて。

あと今回、初めて使用する外壁板ですが、塗料をぬってどう化けるのか心配でしたが、
めっちゃいい色でてるじゃないですか。
ひと安心です。
引き続き頑張ります。

かんとく yamaguchi


関連記事

  • IMG_8195
    Jun 7, 2018
    湿 気

    洗濯の習慣は各家庭それぞれで、乾燥機付洗濯機でという方も増えてきているようです。 私も毎日天気を気にしながら洗...

  • IMG_8061
    May 16, 2018
    紙漉思考室の紙料室

    七山で手漉き紙をつくられている前田さんの展示が 唐津 草伝社 にて開催されます。 建築、インテリア、服、料理、...

  • IMG_7941
    May 15, 2018
    土いじり

    春になって はやく土いじりをしたいなと思っていたのに、この夏日でちょっとタイミングをのがしたーと言い訳している...

最新記事

  • IMG_8195
    Jun 7, 2018
    湿 気

    洗濯の習慣は各家庭それぞれで、乾燥機付洗濯機でという方も増えてきているようです。 私も毎日天気を気にしながら洗...

  • May 31, 2018
    継手の場所。

    外壁張りがようやく終わりを迎えます。 基本の長さは4m。 場所によっては4mでは足りなく縦に2枚継がなくてはい...

  • IMG_8061
    May 16, 2018
    紙漉思考室の紙料室

    七山で手漉き紙をつくられている前田さんの展示が 唐津 草伝社 にて開催されます。 建築、インテリア、服、料理、...