toggle
May 31, 2018

継手の場所。

DSC_0002

外壁張りがようやく終わりを迎えます。
基本の長さは4m。
場所によっては4mでは足りなく縦に2枚継がなくてはいけない箇所も。

その継手には目地という板と板の重なった部分が出てきます。
その目地をいかに美しく見せるか。
さすが松田先生。きちんと指示がでました。
答えは現場にて。

あと今回、初めて使用する外壁板ですが、塗料をぬってどう化けるのか心配でしたが、
めっちゃいい色でてるじゃないですか。
ひと安心です。
引き続き頑張ります。

かんとく yamaguchi


関連記事

  • Aug 19, 2019
    草木染

    染めものやふく のみどりさんの茜染めを見せてもらってびっくり。植物からこんなに鮮やかな色が出るなんて!茜(あか...

  • Jul 29, 2019
    3way水切り

    物欲に火をつけまくる ” 買いもんマガジン “ 何度も注文ボタンをスルーしてきたものの...

  • IMG_4099
    Jul 1, 2019
    水無月

      今年も一年の折り返しに水無月を頂けました。 さて、今日から10日まで私的唐津案内写真展開催です。...

最新記事

  • Aug 26, 2019
    建て方中

    小さいけれど複雑な形の構造の建て方中の現場に行くと「ぴったり芯のそろっとる」という元気な声が聞こえてきて一安心...

  • Aug 19, 2019
    草木染

    染めものやふく のみどりさんの茜染めを見せてもらってびっくり。植物からこんなに鮮やかな色が出るなんて!茜(あか...

  • Aug 9, 2019
    夏季休暇のお知らせ

    平素は、格別のご愛顧を賜り厚く御礼を申し上げます。誠に勝手ながら、下記の期間をお休みさせていただきます。 大変...