toggle
Apr 17, 2018

金 継

欠けたり割ったりと捨てられずにたまってきた器を修理しようと金継を習うことに。安易に始めてしまったけれど、修理に使う生漆が乾くのに時間がかかるため、1工程1工程少しずつ進み、ちょっとのかけを直すのに1か月。挙句に奮発して購入した金粉も早々に紛失してしまい、意欲を失いかけたけれど追加は銀粉に。直せる喜び、また使えるようになる喜びを感じつつも、ここまでして直さなくてもいいなと思いなおす器も。金継を体験して、直せるか、直してまで使い続けたいかは器以外でもこれからわたしのもの選びのひとつの基準となりそうです。


関連記事

  • Oct 14, 2019
    精米機

    天日干しの新米を玄米でもらったことを機に、炊飯器を手放してすっきりだったスペースに精米機が増えてしまった。 少...

  • Sep 16, 2019
    食器の収納

    使用頻度の高い器類を棚置きから引き出しへ移動したらとても使いやすくなりました。 便利だとわかりつつも、なんとな...

  • IMG_4269
    Sep 2, 2019
    レデッカーのブラシ

    KifuLにて大量のレデッカー商品が並ぶ中から選んだブラシ。見た目繊細(右側ブラシ)なのにサッシの溝や巾木、角...

最新記事

  • Nov 18, 2019
    職人目線

    「あそこはこうする方がいい」という職人目線の言葉ひとつに毎回気づかされることばかりです。 さて只今リフォーム相...

  • Nov 15, 2019
    リフォーム相談会開催

    住まいのこと、暮らしのことについて まずはゆっくりお話してみませんか 水廻りをもっと快適に 気になりだした屋根...

  • Nov 11, 2019
    薪棚

    この角度だとわからないからと夏の日差しに耐えられず薪棚の屋根の塗装を途中で投げ出したまま… 薪の活躍する季節に...