toggle
Apr 17, 2018

金 継

欠けたり割ったりと捨てられずにたまってきた器を修理しようと金継を習うことに。安易に始めてしまったけれど、修理に使う生漆が乾くのに時間がかかるため、1工程1工程少しずつ進み、ちょっとのかけを直すのに1か月。挙句に奮発して購入した金粉も早々に紛失してしまい、意欲を失いかけたけれど追加は銀粉に。直せる喜び、また使えるようになる喜びを感じつつも、ここまでして直さなくてもいいなと思いなおす器も。金継を体験して、直せるか、直してまで使い続けたいかは器以外でもこれからわたしのもの選びのひとつの基準となりそうです。


関連記事

  • Mar 14, 2019
    ミモザの会

    すぐに満席になったため告知はしなかったのですが、日曜DIARYにて花ツルのえりさんによるミモザの会が開催されま...

  • Mar 11, 2019
    発酵ぬかどこ

    大きくなりきれなかったカブを発酵ぬかどこへ。袋のまま混ぜ冷蔵庫で1日。手がかからないので次から次へと何かしら放...

  • Feb 25, 2019
    リンゴのドライ

    ストーブ(石油)の上に網を置いて残ったリンゴをのっけてみたら美味しいドライができて、次に菊芋を試したらすぐきれ...

最新記事