toggle
Mar 24, 2018

目と手で感じる。

 

 

 

 

DSC_0007

有田の家で使用する木材を探しに行ってきました。
今回、木がそのまま仕上げとなってくる箇所がいくつかある。
まぁ木材屋さんにいいモノちょうだいよって、言うだけでいいのかもしれませんが、僕はちがう。
実際、自分の目と手で感じたい。
お客さんにとっては一生に一度の家なので、その作業は手を抜きたくないと思っている。
もちろん金額の面もあるが、金額同等の品では納得はいかない。
こちらが戦利品になる。

5

写真の右下に四ムってかいてあるが、これは四面どこにも節がなってこと。
もちろん最高級品の位置にあたいする。
あとはこの戦利品を松田さん、竹谷さんにご確認して頂き、現場への納品となる。
こういった一本一本によって他にはない家が出来上がっていくのだ。
言うまでもなく、鼻歌交じりで木材工場をあとにした。

かんとく yamaguchi


関連記事

  • Mar 14, 2019
    ミモザの会

    すぐに満席になったため告知はしなかったのですが、日曜DIARYにて花ツルのえりさんによるミモザの会が開催されま...

  • Mar 11, 2019
    発酵ぬかどこ

    大きくなりきれなかったカブを発酵ぬかどこへ。袋のまま混ぜ冷蔵庫で1日。手がかからないので次から次へと何かしら放...

  • Feb 25, 2019
    リンゴのドライ

    ストーブ(石油)の上に網を置いて残ったリンゴをのっけてみたら美味しいドライができて、次に菊芋を試したらすぐきれ...

最新記事