toggle
Mar 24, 2018

目と手で感じる。

 

 

 

 

DSC_0007

有田の家で使用する木材を探しに行ってきました。
今回、木がそのまま仕上げとなってくる箇所がいくつかある。
まぁ木材屋さんにいいモノちょうだいよって、言うだけでいいのかもしれませんが、僕はちがう。
実際、自分の目と手で感じたい。
お客さんにとっては一生に一度の家なので、その作業は手を抜きたくないと思っている。
もちろん金額の面もあるが、金額同等の品では納得はいかない。
こちらが戦利品になる。

5

写真の右下に四ムってかいてあるが、これは四面どこにも節がなってこと。
もちろん最高級品の位置にあたいする。
あとはこの戦利品を松田さん、竹谷さんにご確認して頂き、現場への納品となる。
こういった一本一本によって他にはない家が出来上がっていくのだ。
言うまでもなく、鼻歌交じりで木材工場をあとにした。

かんとく yamaguchi


関連記事

  • Jun 10, 2019
    豆板醤

    去年夏号の暮しの手帖で豆板醤の原料がそら豆と知り、その頃にはすでに時期が終わっていたので来年こそはと今年収穫し...

  • May 27, 2019
    365日の献立日記

    火曜(Eテレ)の楽しみな5分間「365日の献立日記」 女優の沢村貞子さんが26年半、毎日つけられていた「献立日...

  • May 13, 2019
    ディル

    植木鉢では育ちきれなかったけれど、地植えだと消費が追いつかないほどゴンゴン育ったディル。 人参に間違われるけれ...

最新記事

  • Jun 19, 2019
    私的唐津案内写真展

      唐津での暮らしや街並みを語らえる場でありたいDIARYスタジオにて「私的唐津案内写真展」を開催。...

  • Jun 17, 2019
    鏝磨き仕上

    一見すると楽しそうだなと思ってしまう鏝さばきですが、時間との闘いでもあり、厚みや納まりなど全体的に細かい計算と...

  • Jun 10, 2019
    豆板醤

    去年夏号の暮しの手帖で豆板醤の原料がそら豆と知り、その頃にはすでに時期が終わっていたので来年こそはと今年収穫し...