toggle
Mar 14, 2018

棟上げ。

 

DSC_0029

願いが通じたのか見事、晴天のもと棟上げが行えました。
私たちにとっても棟上げは一大イベント。
今回は化粧登り梁があるため、ある程度の目安と工程を棟梁と相談しておいた。
なんせ化粧もの(仕上げなしのそのまま状態)なので雨に濡らす訳にはいかない。
濡らそう事なら、シミやカビが生え使い物にはならない。
また厄介なのがこの梁を機械では加工できなく、大工の手で現場合わせで加工すると言うのだ。
大工たちの採寸、注文をうけた寸法でのカット、カットしたモノの荷運び。
現場ではミリ単位の数字が飛び交う。
完成がこれだ。

DSC_0039

私たち大工工務店のつくる家は化粧ものが多い。
もちろん技術が共わなければならない。
こういった要望に応えれる喜びと、唯一無二の家をお手伝い出来ることを嬉しく思う。

設計   キトレペ建築設計事務所
かんとく yamaguchi


関連記事

  • Jun 10, 2019
    豆板醤

    去年夏号の暮しの手帖で豆板醤の原料がそら豆と知り、その頃にはすでに時期が終わっていたので来年こそはと今年収穫し...

  • May 27, 2019
    365日の献立日記

    火曜(Eテレ)の楽しみな5分間「365日の献立日記」 女優の沢村貞子さんが26年半、毎日つけられていた「献立日...

  • May 13, 2019
    ディル

    植木鉢では育ちきれなかったけれど、地植えだと消費が追いつかないほどゴンゴン育ったディル。 人参に間違われるけれ...

最新記事

  • Jun 19, 2019
    私的唐津案内写真展

      唐津での暮らしや街並みを語らえる場でありたいDIARYスタジオにて「私的唐津案内写真展」を開催。...

  • Jun 17, 2019
    鏝磨き仕上

    一見すると楽しそうだなと思ってしまう鏝さばきですが、時間との闘いでもあり、厚みや納まりなど全体的に細かい計算と...

  • Jun 10, 2019
    豆板醤

    去年夏号の暮しの手帖で豆板醤の原料がそら豆と知り、その頃にはすでに時期が終わっていたので来年こそはと今年収穫し...