toggle
Oct 19, 2017

藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察

IMG_4630

自然素材をどう現代建築に生かすか、植物をどう建築に取り込むかというテーマから手掛けられた建築のスケッチ、図面、模型、写真や素材見本、家具などが展示されています。

「祝祭性を秘めた現代の唯一の製造業にちがいない。ここにこそ、建築という領分の、21世紀における重要性があるのではないか」

プロの嫌がる作業を知人に手伝ってもらったら、意外にもまた呼んでほしいという反応だったことから、必ず素人参加部分が含まれるようになったと。
写真は、参加型の建築を提唱されている藤森さんによるワークショップでつくられた「タイルすだれ」ほかに「炭つけ壁」も。

帰りに広島カープ一色の店でお好み焼きを食べながらふと、家づくりにおいてもお好み焼きをひっくり返す。ような大ごとでもなく、コスト減だけの為でも、DIY好きな方だけでもなく、ちょっとした祝祭性を感じられることってないだろうか?と。答えは見つからなかったけれど、きっとあるような気が。

 

 

 

 


関連記事

  • Oct 14, 2019
    精米機

    天日干しの新米を玄米でもらったことを機に、炊飯器を手放してすっきりだったスペースに精米機が増えてしまった。 少...

  • Sep 16, 2019
    食器の収納

    使用頻度の高い器類を棚置きから引き出しへ移動したらとても使いやすくなりました。 便利だとわかりつつも、なんとな...

  • IMG_4269
    Sep 2, 2019
    レデッカーのブラシ

    KifuLにて大量のレデッカー商品が並ぶ中から選んだブラシ。見た目繊細(右側ブラシ)なのにサッシの溝や巾木、角...

最新記事

  • Nov 18, 2019
    職人目線

    「あそこはこうする方がいい」という職人目線の言葉ひとつに毎回気づかされることばかりです。 さて只今リフォーム相...

  • Nov 15, 2019
    リフォーム相談会開催

    住まいのこと、暮らしのことについて まずはゆっくりお話してみませんか 水廻りをもっと快適に 気になりだした屋根...

  • Nov 11, 2019
    薪棚

    この角度だとわからないからと夏の日差しに耐えられず薪棚の屋根の塗装を途中で投げ出したまま… 薪の活躍する季節に...