toggle
Mar 13, 2017

キザム。

2

糸島のいえ。
今回、機械で出来ない部分があり職人の手でキザム部分がある。
大工が現場で一ケ所づつ採寸しながら、それに応じて梁を刻んでいく。
さらにこの梁が化粧なのでミスは出来ない。

1

ミリ単位の作業。
熟練の技が必要という事である。
また梁が斜めにかかっているため難儀した。

3

魚の骨みたいな所は見えてくる箇所なので、是非、内覧会の時に見て頂きたい。
私たちの家づくりを。

かんとく やまぐち


関連記事

最新記事

  • IMG_3965
    Aug 17, 2017
    洋館がすき

    好きな作家さんの展示があっていることもあり、 ずっと気になっていた、大川市立清力美術館へ。 109年前、清力酒...

  • img_c884af99bff3094137602648e46f77c9
    Aug 10, 2017
    糸と戯れる

    2017.9.10 SUN 11:00~16:00(WS15:00) 「糸と戯れる」 編み物や裁縫もしない私に...

  • IMG_3782
    Aug 4, 2017
    産業と住宅

    唐津市北波多にあるギャラリー草伝社へ。 築120年の古民家はギャラリーになる前、手を入れられ新しくなった部分を...