toggle
Mar 13, 2017

キザム。

2

糸島のいえ。
今回、機械で出来ない部分があり職人の手でキザム部分がある。
大工が現場で一ケ所づつ採寸しながら、それに応じて梁を刻んでいく。
さらにこの梁が化粧なのでミスは出来ない。

1

ミリ単位の作業。
熟練の技が必要という事である。
また梁が斜めにかかっているため難儀した。

3

魚の骨みたいな所は見えてくる箇所なので、是非、内覧会の時に見て頂きたい。
私たちの家づくりを。

かんとく やまぐち


関連記事

最新記事

  • IMG_5403
    Dec 6, 2017
    ランドリーラック

    デスク周りの家具に続き、Design studio SYUの前崎さんご依頼でランドリーラックを製作しました。 ...

  • IMG_4792
    Nov 1, 2017
    家 電

    9年目の洗濯機の調子が悪く、買い替え時かと急いで偵察へ。 最新家電を見るのが好きでたまに覗きに行くけれど、実際...

  • IMG_4785
    Oct 30, 2017
    市村記念体育館

    仕事で佐賀県庁へ行ったとき、駐車場から見える気になる建物が。 すっかり忘れ最近その建物が老朽化のため閉鎖される...