toggle
Mar 13, 2017

キザム。

2

糸島のいえ。
今回、機械で出来ない部分があり職人の手でキザム部分がある。
大工が現場で一ケ所づつ採寸しながら、それに応じて梁を刻んでいく。
さらにこの梁が化粧なのでミスは出来ない。

1

ミリ単位の作業。
熟練の技が必要という事である。
また梁が斜めにかかっているため難儀した。

3

魚の骨みたいな所は見えてくる箇所なので、是非、内覧会の時に見て頂きたい。
私たちの家づくりを。

かんとく やまぐち


関連記事

最新記事

  • IMG_4456
    Oct 6, 2017
    秋の夜長

    土井善晴さんのツイッターで栗ジャムのつくりかたを見て作ろうと思い早1年。 NHKのみんなのきょうの料理で土井さ...

  • IMG_4497
    Oct 5, 2017

    軒下に大きな大きな蜂の巣(‘Д’) (蜂は不在) リフォーム工事現調にて  ...

  • DSC_0003
    Sep 18, 2017
    日常の光景。

     今年、入社した大工1年生の藤竹。もちろん学ぶべき事はたくさんある。 今回は大工19年目の宮原棟梁が墨付けから...