toggle
Mar 13, 2017

キザム。

2

糸島のいえ。
今回、機械で出来ない部分があり職人の手でキザム部分がある。
大工が現場で一ケ所づつ採寸しながら、それに応じて梁を刻んでいく。
さらにこの梁が化粧なのでミスは出来ない。

1

ミリ単位の作業。
熟練の技が必要という事である。
また梁が斜めにかかっているため難儀した。

3

魚の骨みたいな所は見えてくる箇所なので、是非、内覧会の時に見て頂きたい。
私たちの家づくりを。

かんとく やまぐち


関連記事

最新記事

  • IMG_2478
    May 24, 2017
    ペイント

    久しぶりにペイントをしたら、時間の読みが外れて痛い目に。 しかも以前使った缶をきれいに拭いて閉めていなかったの...

  • DSC_0018
    May 12, 2017
    3年越のおもい。

    ボクが薪ストーブ生活を始めてから3年目。 当初は自分が使う薪を確保するのも、ままならない苦悩な日々だったのを鮮...

  • DSC_0016
    May 8, 2017
    し きり

    家は住みながらにして作っていくもの。 住み始めてあぁしたいこうしたいと思うことがある。 以前からリビングにいる...