toggle
Aug 9, 2016

木ツツキ倶楽部『薪支度のススメ~愛好家向け~』を終えて。

9
写真 前崎成一

この猛暑の中、ご参加して下さった皆様、本当にありがとうございました。
今回は午前中に6種類の斧と薪割り機を使っての薪割り体験でした。
いざ薪割り開始。だがボクが思っていたようには、みなさん簡単に薪が割れず、試行錯誤しながらのスタート。
なかなか薪が気持ちよく割れない・・・逆に割れない事によりストレスが・・・。
なぜ割れないのか??

一番の原因は恐怖心によるものでした。スネを強打してしまわないか??地面を叩いてしまわないか??と言ったように。
その恐怖心のせいで思いっきり振る事が出来なかったようで。
これは今後、色んな対策とボク自身、割り方を上手に伝える勉強が必要だと実感しました。

DSC_0149 
 そんな中、参加者の方も徐々に慣れ始めてこられて何回か気持ちよく割って頂く場面も。
気持ち良く割れた時のみなさんの笑顔を見て、ボクも自然と笑みがこぼれました。

5
写真 前崎成一

また女性の方は重い斧を何回も振り回すのは大変で、薪割り機にも率先して挑戦されていました。
ボクは使い方の説明をさせて頂き、あとはお任せしました。
しばらくすると山積みの割れた薪が。
お二人を見ていると何事も楽しんでやる事が一番大事な事なんだと思いました。
 
1
写真 前崎成一

暑い中での2時間は思っていたより、あっという間でなんと予定してた数量よりもたくさんの薪が出来上がりました。
さぁお昼ご飯。料理の方はコーディネーターの成村にお任せしました。
ボクも当日までどんな料理が出てくるのかは、お楽しみで知りませんでした。
料理をみて一同ビックリ!!メチャメチャおいしそう。そして一口食べてみんなが揃って『うまいっっ!!』。
クタクタになった体の疲れを吹き飛ばしてくれました。
 
 また午後からの交流会では今後、こういった企画をして欲しいと言うオーナー様の生の声や様々な悩みなど聞くことが出来、今後このような事を踏まえて次回また開催したいと思いました。
ボク自身、薪ストーブが趣味という事もあり、同じように薪ストーブのある生活をされている方々と楽しいコミュニティの場を設けたいという思いから始まったこの企画。
少しではあるが参加して下さった皆さんの笑顔を見てそのいう場になったのかなと感じる事のできた1日でした。

4
写真 前崎成一

最後のオチはベストショット賞を頂いた渾身の一枚。
この写真を見ていると、どこからかまた皆さんの笑顔や笑い声が聞こえてくるようで懐かしく思います。

かんとく yamaguchi


関連記事

最新記事

  • IMG_8061
    May 16, 2018
    紙漉思考室の紙料室

    七山で手漉き紙をつくられている前田さんの展示が 唐津 草伝社 にて開催されます。 建築、インテリア、服、料理、...

  • IMG_7941
    May 15, 2018
    土いじり

    春になって はやく土いじりをしたいなと思っていたのに、この夏日でちょっとタイミングをのがしたーと言い訳している...

  • IMG_7417
    Apr 30, 2018
    川遊び

    七山の鳴神公園での川遊びの季節!...