toggle
Jun 25, 2015

素材を活かす技術。

DSC_0021

箇所に応じて寸法をとり、一つ一つ重ね張っていく。既製品ではない素材のため幅や厚みが数ミリ違うとこもあり、そのズレを微調整して仕上げていく作業。外部板は塗装をしているが、自然の恩恵を受ける事で様々な表現をもたらしてくれる。まるで木が生きてるようにも感じとれる。

DSC_0025
外部も仕上げり、いよいよ『いえのこと』終盤に向けてギアチェンジ。
かんとく yamaguchi


関連記事

  • Mar 14, 2019
    ミモザの会

    すぐに満席になったため告知はしなかったのですが、日曜DIARYにて花ツルのえりさんによるミモザの会が開催されま...

  • Mar 11, 2019
    発酵ぬかどこ

    大きくなりきれなかったカブを発酵ぬかどこへ。袋のまま混ぜ冷蔵庫で1日。手がかからないので次から次へと何かしら放...

  • Feb 25, 2019
    リンゴのドライ

    ストーブ(石油)の上に網を置いて残ったリンゴをのっけてみたら美味しいドライができて、次に菊芋を試したらすぐきれ...

最新記事